トップ

耳鳴りとメニエール病

メニエール病の可能性ありの耳鳴り

耳鳴りとめまいのメニエール病

めまいや耳鳴りは人によってあらわれ方に差があり、感じ方や表現の仕方が大きく異なります。回転性のめまいと言われるものはふとした瞬間に天井が大きく回転するように感じ、目が回ると表現する人もいます。浮動性のめまいでは体のバランス感覚が狂い、ふわふわするように感じ、車酔いにも似ていると言われます。耳鳴りはブーン、キーン、ゴー、ザーというように人によって音域も音色も異なって聞こえます。耳鳴りやめまいの症状は集中力を途切れさせ、生活に支障をきたすこともあります。耳鳴りに悩んでいるならこちら。

耳鳴りやめまいは様々な原因で起こりますが、耳鳴りとめまいが同時にあらわれる時はメニエール病の可能性があります。メニエール病が原因となるめまいでは、ふいにグルグルと天井が大きく回転するようなめまいを感じ、平衡感覚を失います。立っているのが困難になって、その場に座り込んでしまうこともあります。発作はおおよそ30分から数時間は続くとされ、冷や汗や顔面蒼白といった症状もあらわれます。激しいめまいが生じると吐き気を感じて、嘔吐してしまうこともあります。

めまいとともに多くの場合、激しい耳鳴りを感じます。メニエール病が原因とされる耳鳴りではザーという低音が聞こえるという特徴があります。さらに耳の圧迫感や耳閉感、難聴なども起こります。発作がおさまってくると耳鳴りも軽減していきます。ですが、耳鳴りの発作は繰り返すことでずっと耳鳴りが続く状態に陥ることもあるため、注意が必要です。

メニエール病は早い段階で治療を開始することができれば、完治できる病気であるとされています。ですが、耳鳴りやめまいの発作は一時的にあらわれるものなので、たまたま体調が悪いだけだと思って放置してしまいがちです。耳鳴りやめまいの発作の頻度が年に1、2回程度だとなかなか病院に足を運ぶところまでは至らないことも多く、初期段階で気づく人が少ない病気であるともいえます。

メニエール病は発作が繰り返されることによって悪化がみられる進行性の病気です。発作の回数や頻度によって進行具合は異なりますが、早期に発見し、治療を開始することが非常に重要です。